賛否両論!子供をインターナショナルスクールに入園させた理由 バイリンガル育児

娘のこと

親というのは、つくづく子供には自分のできなかったことをさせたい生き物なんだな〜と親になり改めて気付く

両親ともに日本生まれ日本育ち

留学とは無縁の学生生活

そんな我が家がなぜ???

子供にインターナショナルスクール(プリスクール)を選んだのかというブログです

もし幼稚園や保育園、インターナショナルスクール(プリスクール)を検討されてる親御様が見てくださってたら

あくまで、我が家がなぜインターナショナルスクール(プリスクール)を選んだのか

という内容なので、へ〜そんな家庭もあるんだね!というくらいの軽い感じで見てくださると嬉しいです

後半では、実際娘がスクールに通うまで使っていた、自宅でできる幼児英語教育のオススメ教材などもご紹介してます

インターナショナルスクールを選んだ理由

幼稚園や保育園と迷って私達夫婦が、子供をインターナショナルスクールに入園させた一番の理由

ポンコツな両親(母)の元に生まれてきてくれた娘に唯一あげられる

最高のギフトだと考えたからです

何いってんの?コイツ?

って思ってくれた方は心配ご無用

私がポンコツな理由英語がギフトな理由を今から説明していきます

英語が話せるメリット

英語を話せるメリットはこんなに沢山

英語を共通言語として世界中の人とコミュニケーションを取れるようになる

日本語を話せる人口は約2億人といわれていますが、

英語を話せる人口はその約10倍の20億人といわれています

情報を習得する幅が広がる

大学などで、高等教育を受けるための母国語の言葉自体が存在せず、英語での学習が必須の国が多くあるなか

日本は、日本語で大学の研究までできるほどの専門用語を持つ凄い国です

日本って素晴らしい国だな〜

ですが、英語ができると情報の入口が一気に広がるのもまた事実

日本で報道される外国のニュースを日本人の視点の入らない英語の記事で読むことも

日本では報道されないニュースを英語の記事で読むこともできたりします

英語で多様な考えに触れる

バイリンガル教育を受ける過程で、多種多様な人がいることを幼少期のうちに自然と受け入れて

人と違うのは当たり前という感覚が身に付くことは、私が思う最大のメリットです

私自身は、30歳の時に初めてセブ島で短期語学留学をして人生が変わりました

フィリピンで出会った人達はとってもフレンドリーで温かい人が多く

常識も違えば、人に対する距離感とか、家族の在り方とかが全く違っていて

それまでほぼ日本人に囲まれて生きていた私は、それこそカルチャーショックを受けました

多様なことやものに触れていないと自分の常識の範囲内で物心を考えてしまいがちだと思うのです

私は、親の言うことは絶対という家庭で育ったこともあり、親の常識が自分の常識となり、

かなり偏った常識に縛られて生きにくかったんだと気づきました

留学して、生まれて初めて”人とちがっていいんだ”と心の底から思えたんです

一つ具体例を挙げると、日本では家族のことを誰かに話すときは褒めちぎるよりも、謙遜の意味を込めてすこしけなすような言い方をした方が良い?とされるのかな?

それがフィリピン人は素直に自分のことも自分の周りの人も最高〜!!って言えちゃうんですよね

自己肯定感、自分の周りを肯定する力がめちゃくちゃ高い

どちらががいいかは人によって違うけれど、私は後者の方が圧倒的に好き

言語を学ぶことは文化を学ぶことでもあります

言語を学ぶことで文化を学び、多様性を肌で感じることは、生きていく上でとてもアドバンテージになると思います

英語を通じて、多様な考えに触れることが出来ることは私が感じた英語を話せる最大のメリットです

ポンコツな母だからこそバイリンガル教育

子供に、誰か一人が正しいことを言ってるなどと、盲信する人になってほしくないと思っていて(それが自分の親だったとしても)

私自身は親に反抗するなんてとんでもないという家庭で育ちました

親の言ってることは100%正しい

例えばちょっと母親と意見が合わなくて、しかも母親の方が少しおかしいなって時も、有無を言わさず、母親だから正しいで終わり!!

私の親も祖父母にそのように育てられたのだと思います

家庭ってある意味宗教に似てる

そんな環境で生きてきた私は、先述のとうり30歳で遅ればせながら

初めての語学留学をしました

そこでもちろん英語を学んだんですけど、それ以上に、文化、考えや価値観に触れて

生きやすさを手に入れました

三十年間←長ッ。親に反発しながら、でもどこかで親の常識を守って生きてきたもやもやが一気に吹っ飛んだ瞬間でした

アインシュタインの名言

Common sense is the collection of prejudices acquired by age 18.

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクション

そこで、”もし子供ができたら、子供にはバイリンガル教育を受けさせよう”と思いました

日本の常識、家庭の常識

↑もしかしたら、どこかの誰かには全くの非常識であるかもしれない

今は昔よりも知りたい情報にすぐにアクセスできる世の中なので、そんな危惧は取り越し苦労なのかもしれないけれど・・・

私はとにかくポンコツだし、自分の親のように子育てしてしまうことが嫌だったので、バイリンガル教育をしようと決めました

多様な考えに触れて、子供にはこうあるべきだという考えをなるべく持たない人に

多様性を受け入れる人になって欲しいと願っています

おすすめの英語幼児教育

バイリンガル教育はプリスクールだけじゃない!!

幼稚園や保育園に通ってるお子様にもおすすめの教材

ネイティブキャンプ

24時間マンツーマンのオンライン英会話レッスンができる

オンライン英会話ネイティブキャンプ

フィリピン人は子供好きな人が多くて、先生たちは優しくてフレンドリー

なのでうちの子供も大好き!

スクールに行く前は毎日レッスンを受けてました(おうち時間に煮詰まった時に笑)

月額6,480円の格安料金で、レッスン受け放題

時間が読めない子供と一緒でも、面倒な予約不要なので、思い立ったらすぐにレッスンが開始できます

\7日間の無料体験キャンペーン実施中/

月額6,480円でレッスンが24時間受け放題!

さらに嬉しいのがファミリー会員制度

1,980円で家族会員を追加できるので、

私と夫は格安の1,980円で24時間マンツーマンのオンライン英会話を受けられます

ディズニーワールドイングリッシュ DWE

ゆうこりんでお馴染みのDWE

お子様をお持ちの方は一度は聞いたことあるんじゃないでしょうか?

ディズニーのキャラクターと一緒に楽しく自然に英語を身につけられる幼児教材です

我が家でもDWEの説明を受けて、正規入会はしなかったのですが・・・

メルカリで ”sing a long” を購入して2歳までは楽しく英語に触れていました

さすがよく考えられてて、子供も自然と英語の歌を覚えて、単語を話すようになりました

お値段は正規で購入すると軽自動車一台分くらいになりそう・・・

高額なので合うか合わないか、フリマサイトで購入してから決めるのもオススメです

メルカリをまだ始めてない方は
500円分お得に購入できる招待コードはこちら
登録時に入力してポイントを受け取れます

招待コード:PGQHCQ

まずはアプリをインストール👇
https://merc.li/dDedmNWRa

我が家でもメルカリで購入して、不要になったらメルカリで売ったのでとってもお得にお試しすることができました

こどもちゃれんじENGLISH

スクールに行く前は、こどもちゃれんじとセットでこどもちゃれんじイングリッシュも

ちゃれんじは子供の心がよくわかってるのでめちゃくちゃ食いつきがいいのでオススメです

コメント

error: Content is protected !!